×

パッキャオ戦を前に、鈴木千裕が「KNOCK OUT」で師匠の五味隆典とボクシングルールで対戦

[ 2024年6月15日 12:00 ]

鈴木千裕(左)と五味隆典(右)の師弟対決が「KNOCK OUT」で実現(C)Def Fellow 
Photo By 提供写真

 キックボクシングイベント「KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT “BLAZE”」は6月23日に国立代々木競技場第2体育館で開催され、メインで初代KNOCK OUT BLACKスーパーライト級王者・鈴木千裕(25=クロスポイント吉祥寺)と初代PRIDEライト級王者・五味隆典(45=東林間ラスカルジム)がパンチのみの特別ルール(73キロ契約、3分3R・延長1R)で対戦する。

 鈴木にとって五味は師匠の一人で、不定期で指導を受けている。昨年6月の格闘技イベント「RIZIN.43」のクレベル・コイケ戦からは、五味の通称だった「天下無双の火の玉ボーイ」を受け継いで「天下無双の稲妻ボーイ」と呼ばれている。

 2人はリアリティー番組「THE KNOCK OUT FIGHTER」でそれぞれ新たなチームを結成してコーチを務め、5対5の対抗戦の実施に至った。その大将戦が2人の直接対決となる。鈴木が「試合の中で学べるものはたくさんあるので僕はボクシングで正々堂々と殴り合いたい」と要望したことでボクシングルールとなった。

 RIZINフェザー級王者でもある鈴木は7月28日の「超RIZIN.3」(さいたまスーパーアリーナ)でボクシング元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(45=フィリピン)と判定決着なしのボクシングルール非公式試合で対戦する。一方の五味はMMAファイターながらボクシングルールのエキシビションを3試合経験しており、那須川天心らと拳を交えている。

 ともに一時代を築いた師弟が対決する大会は、6月23日午後1時30分からU-NEXTでライブ配信される。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年6月15日のニュース