×

入江聖奈 五輪金がもたらした新たな友達は「フワちゃん」 らしさ全開&笑顔満開の独占インタビュー(1)

[ 2021年8月25日 05:30 ]

入江聖奈
Photo By スポニチ

 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(20=日体大)が単独インタビューに応じた。日本の女子ボクサーとして初の五輪出場と初の金メダル獲得を果たし、鳥取県出身の五輪金メダリスト第1号となる快挙を達成。大会を振り返り、今後について語るとともに、カエル好きで有名になったことから就職のオファーが届いたことも明かした。

(聞き手・中出 健太郎)

 ――既に練習を再開していると聞きました。

 「実戦はしていないんですけど、自分で走ったり筋トレしたり、シャドーしたりって感じです」

 ――五輪が終わってすぐに?

 「帰ってきて次の日ぐらいにはしました」

 ――次へのスタートですね。

 「そうですね。なまらないようにって感じですね。なまる方がめんどくさいんで」

 ――五輪は疲れましたか?

 「合宿は調整というか、疲労をためないように(練習が)1時間ぐらいで大丈夫だったんですけど、大会に入るとフェザー級は中1日、中2日とか、他の階級に比べて(試合の)スパンが短かったので、疲労が取りきれなかった感じです」

 ――どのような疲れだった?

 「首のむち打ちとか取れなかったです。ケアの先生にも“張ってるね”みたいに言われました」

 ――普段の国際大会と比べても違った?

 「いや、そこは変わらないんですけど、(フライ級の)並木(月海)さんはいっぱい休憩があっていいなと思ったので(笑い)。(男子ライト級の)成松(大介)さんなんか、1回戦勝ったら2戦目まで1週間ぐらい空いていたので、ずるいなと思って(笑い)」

 ――試合では準々決勝からの3試合が厳しかった。

 「そうですね。3、4試合目は3―2(の判定)だったので、首の皮一枚という感じでしたね」

 ――自分の感触と実際の採点が違っていたことは?

 「準決勝と決勝は負けたと思ってコールを聞いていました。準決勝も決勝も1ラウンド目を取って、2ラウンド目を取られて、3ラウンド目という展開だったんですけど、3ラウンドはよく取れたなという感じでした」

 ――相手に取られたと。

 「準決勝の判定って、2ラウンドも3ラウンドも取られているのに、たまたまかみ合って(試合の判定は)私の勝ちになったみたいじゃないですか。だからホント、運が良かったんだって感じです」

 ――本命視されていた林郁ティン(リン・ユーティン=台湾)が初戦でペテシオ(フィリピン)に負けた。

 「ペテシオ選手、凄いですね。(自分は)よく決勝で勝ったなと」

 ――ペテシオには五輪予選で1度勝っている。いい感触があったのでは。

 「いや、なかったですね。リン(林)さんとイタリアの選手に勝ってきていたので、相当仕上がっている、予選の時とは絶対に違うと。別人と思って臨むようにしました」

 ――試合では。

 「想定内でした。そんなに踏み込んでこなかったし、パンチにも勢いがなかった。相当苦手を意識持ってるのかな、と考えてやってました」

 ――1度勝ったのが大きかった。

 「ですかね。思ったより来なかったという感じでした」

 ――向こうも疲れていたのかも。

 「銀メダルを決めて燃え尽きたのかも。分からないけど」

 ――準々決勝に勝ってメダルが決まった。安心した?

 「メダルが決まって凄くホッとして、いっぱいご飯を食べられるようになった(笑い)。緊張から解き放たれていたと思います」

 ――それまでは食事も細かった。

 「そうですね。メダルが確定する準々決勝の朝、計量後にバイキング形式でミニトマトを食べようと思ったら、トングの手が震えて。やばい、めっちゃ緊張してるって(笑い)。食べる時も凄く緊張して全然食べられなくて。(普段の)2倍ぐらいの時間をかけて食べ終えました。ホント、やばかったですね。死ぬかと思いました。全然寝れなかったし」

 ――選手村の生活は。

 「めっちゃ暇でした。練習と、ご飯と、ケアの時間以外はずっと部屋にいたので。テレビもなかったので」

 ――部屋にテレビがなかった?

 「なかったので、ずっと携帯とかSwitchを見てました。テレビも借りられるらしいんですけど、相当高くて。何十万円とか」

 ――五輪に行ったのに他の競技を見ていない。

 「見てないですね。見たい競技は携帯で検索して見たりしましたけど」

 ――選手村で他競技の選手との交流はあった?

 「そんなになかったですね。あいさつするぐらいでした」

 ――あいさつできた人は。

 「バレーの石川選手とか、陸上のサニブラウンさん、錦織圭さんとか。水泳男子のみんなが一緒にご飯を食べてて、仲良しだなと思って見ていたりとか」

 ――本来の五輪なら、もっと交流できた。

 「でも、自分シャイなんで。あいさつで大丈夫です」

 ――交流できたとしても…。

 「たぶん、友だちは増えてなかったと思います(笑い)」

 ――でも、今回の活躍で新たに友だちができたのでは。

 「そうですね。昨日も(お笑いタレントの)フワちゃんとDMでやりとりしていました」

 ――凄い!

 「水泳の200メートルバタフライの本多選手とも3回ぐらいテレビ出演が一緒で、しゃべれるようになって。ちょっとずつ交流が広がってます。フワちゃんとも番組が一緒で、マブ(達)って言ってくれました」

 ――子どもの頃からの夢がかなった。

 「ちっちゃい頃から描いていた夢で、実際にかなってしまったんですけども、かなえても自分のボクシングにまだ満足できないし、足りないところはいっぱいあるので、終わりがないという感じですね」

 ――五輪の試合映像を見て反省点が出てきた。

 「決勝だったらクリンチの場面が多すぎて試合がグダっていたので、五輪の試合じゃなかったら絶対に叩かれるなと思って。もっと距離を自分が支配できていたら、相手がくっついてきても下がって打てたのに。反省点が多い試合でしたね」

 ――一番良かった試合は?

 「客観的に見たら、やっぱり初戦ですね。ボディーがいっぱい当たってたので」

 ――あの試合のボディーは良かった。

 「良かったですねえ。完璧に習得できたかなと思ったら、次から打てなくなったので(笑い)、まだまだだって思って」

 ――準決勝や決勝で3ラウンド目に苦戦した理由は。

 「準決勝の時は3ラウンド目はバテていたので、スタミナ的な問題だと思います。決勝は3ラウンドまで体力は持ったんですけど、どうしてもゴチャってする場面が多かった。打ち終わりに動けてないとか、技術的な側面が大きいと思います」

 ――金メダルなので結果は100点満点だと思いますが、今大会トータルで試合内容の自己採点は。

 「トータルでですか…。技術的に?30点ぐらいですかね。初戦で20点ぐらい」

 ――ずいぶん低くないですか。

 「だって私、ジャブとストレートしか基本的に打てないですし、全然まだボクシングを極められてないので。ダメダメですね」

 ――それでも勝ち続けられた要因は?

 「やっぱり左ジャブがよく当たって1ラウンド目を取れていたので、5試合トータルで。左ジャブが機能してくれたのが大きかったですね」

 ――右カウンターもよく決めてポイントを取っていた。

 「そうですね。ジャブとストレートで金メダルを取れたので、あとはフックとボディーを打てたらもっと最強になれちゃうと思うので、頑張りたいです」

 ――インターバルの声に緊張感が感じられた。

 「緊張しました。ポイントを取れているか凄く不安になってましたし。でも、本(博国)監督が試合前に“なるようになるから、楽しんでおいで”って言ってくれて。それで結構リラックスできたところはありました」

 ――本監督がうまくコントロールしてくれた。

 「自分は合いましたね、波長が。勝つぞ、勝つぞじゃなくて、楽しんでおいで、と言われる方が楽なので、私としては。でも、ずっと“帰りたい、帰りたい”と言ってて」

 ――帰りたい?

 「家に帰りたい、ボクシング好きじゃないって(笑い)。面白かったです」

 ――人柄がいい。

 「いいですね。ボクシングのコーチって結構ガツガツしている人が多いじゃないですか。本監督みたいな人、いいですね」

 ――メンタル面で成長できたと感じる部分はありますか。

 「ないですね。逆に金メダルを獲っちゃったので、これからは金メダリストって目で見られるので嫌ですね。練習でパンチをもらって“あ、金メダリストがもらった”と思われる」

 ――今後の試合でもプレッシャーがかかってくる。

 「(11月に出場予定の)全日本選手権とかもそういう目で見られるだろうし、ちょっと変な緊張しちゃいますよね。今まで何も失うものがなかったから。これまで、(日本を)背負う役は並木さんがしてくれていたと思うんですけど、日本のエースとして。自分にもその感じが来ると思うと嫌ですね、はい」

 ――年内の出場は全日本選手権だけで、来年がアジア大会と全日本。元々このスケジュールだった?

 「いや、本当は(10月開催予定の)世界選手権に出ようと思ってたんですけど、(所属ジムの)伊田会長とか(女子代表の)浅村監督とか、両親も“休んだら?”という感じだったので。13年間頑張ってきたので、ちょっとぐらい休んでも罰は当たらないかなと思って、欠場することにしました」

 ――既に世界一になってしまった。

 「まだ余韻に浸った方がいいよと言われたので(笑い)。もうちょっと味わいます」

 ――アジア大会でもマークがきつくなる。

 「たぶん、五輪よりアジア大会の方がレベルが高い気がします。ペテシオ選手もいるけど、どうなんだろう。引退するのかな? リン(林)さんはリベンジに燃えて絶対に上がってくると思う。(五輪予選のように)またダウンを取られるのかと思うと、嫌ですね」

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年8月25日のニュース