田中恒成、ぶっつけ本番で“井岡狩り”だ!世界4階級制覇へ交渉中

[ 2020年5月31日 05:30 ]

田中恒成
Photo By スポニチ

 プロボクシングで世界4階級制覇を目指すWBO世界スーパーフライ級1位の田中恒成(24=畑中)が30日、元世界王者の木村悠氏(36)とのオンラインによるトークショーに出演し、現級で最初の標的とするWBO王者・井岡一翔(31=DANGAN AOKI)について「基本がしっかりした完成形というか、洗練されたムダのない動きのイメージ」などと語った。

 今年1月末にWBOフライ級スーパー王座を返上した田中は同スーパーフライ級1位にランクされ、WBOは2月に井岡と田中の両者に対戦を指令。これに従い、畑中ジムの畑中清詞会長は「まだ何も決まっていない」と日程すら未定としながらも、井岡側と交渉中であることを認めた。

 田中はぶっつけ本番で偉業に臨む見通し。これまで転級のたびに肩慣らしのノンタイトル戦に臨んだ。今回も5月にノンタイトル戦を予定したが、新型コロナ禍で中止。世界の感染状況が見通せないだけに海外から対戦相手を招くのは難しい。国内での日本人対決なら年内実現可能なプランと言える。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年5月31日のニュース