六島ジム会長を脱税容疑で告発…元WBA世界スーパーフライ級王者の名城氏ら育てる

[ 2020年2月19日 05:30 ]

六島ジム・枝川会長
Photo By スポニチ

 架空の土地仕入れ高を計上して法人税など計4900万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反などの容疑で、大阪市住吉区の不動産会社「むとうの家」と枝川孝前社長(55)を大阪地検に告発したことが18日、分かった。既に修正申告し大半を納付した。

 枝川前社長はボクシングの六島ジムの会長で、WBA世界スーパーフライ級元王者で近大ボクシング部監督の名城信男氏を指導した。関係者によると14年6月~16年5月、知人から入手した稼働実態のない法人の領収書と印章を経理担当の従業員に使用させ、架空の土地仕入れ高を計上するなどの手法で計約1億9000万円の所得を隠し、法人税などを脱税した疑いが持たれている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月19日のニュース