那須川天心“衝撃の139秒”からの回復アピール「ダメージやメンタルはもう大丈夫です!」

[ 2019年1月4日 16:01 ]

「RIZIN.14」でメイウェザー戦を終え、涙する那須川天心
Photo By スポニチ

 昨年大みそかの格闘技イベント「RIZIN.14」でプロボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(41=米国)に1RTKO負けしたキックボクサーの那須川天心(20=TARGET/Cygames)が4日、自身のツイッターを更新し、「めちゃくちゃ元気です」と復調をアピールした。

 右ストレート、右フック、最後はカウンターの左フックと、139秒で3度のダウンを奪われた大みそかの衝撃から4日。那須川は「あっという間だったなあ」と振り返り、「ダメージやメンタルはもう大丈夫です!めちゃくちゃ元気です」と報告。前日計量で4・6キロもの体重差があった元世界王者の攻撃を受けてのダメージが心配されていたが、心身ともに回復していることを明かした。

 試合直後のツイートで「思いは形に出来なかったけれど 僕はこれからも挑戦し続けます」と前向きな心境を記していた那須川。この日も「また頑張ります!!」とつづり、悔し涙を乗り越えての再起を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月4日のニュース