亀海 判定負け…米で1年ぶり再起戦飾れず「良くなかった」

[ 2018年8月19日 05:30 ]

1年ぶりの再起戦で判定負けした亀海(帝拳ジム提供)
Photo By 提供写真

 ボクシングWBA世界スーパーウエルター級14位の亀海喜寛(帝拳)が17日、米カリフォルニア州インディオでノンタイトル10回戦を行い、グレグ・ベンデティ(米国)に0―3で判定負けした。

 亀海は昨年8月、WBO同級王座決定戦でミゲル・コット(プエルトリコ)に判定負け。1年ぶりの再起戦を飾れず、「良くなかった。腕の力が入らなくなる感じは前回と同じだった」とコメントした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年8月19日のニュース