大仁田 元・貴闘力の焼き肉店襲撃!“邪道”無銭飲食

[ 2013年11月29日 05:30 ]

店員に要求し焼き肉を食べ始める大仁田(左)と矢口

 プロレスラーの大仁田厚(56)が大相撲の元関脇・貴闘力の鎌苅忠茂氏(46)が経営する東京都江東区の焼き肉店「ドラゴ」を襲撃し、無銭飲食の暴挙に出た。

 鎌苅氏からは12月12日のリアルジャパン後楽園大会での対戦を要求されており、28日は邪道軍の矢口壹琅とともに「ドラゴ」に出没。「貴闘力はいるか!」と直接会談を訴えたが、あいにく不在だった。

 出張中であることを田辺博樹店長から知らされると「じゃあ焼き肉を食わせろ。一番高いやつだぞ」と強要。特上の焼き肉合計1キロ、約4万5000円分を矢口とともにペロリと平らげた。「貴闘力は嫌いだが肉はうまい。キムチもうまい」と絶賛したものの、いざ支払いになると「代金はこいつにつけといてくれ」と鎌苅氏の現役時代の写真を押しつけた。

 さらに、店内に飾ってあった鎌苅氏が現役時代に幕尻優勝を果たした時の写真を外し、持参した有刺鉄線バットと掛け替えた。「(写真は)後楽園のリングに取りに来い」と言い残すと、代金を払わずに消えていった。両者の対戦は正式決定していないが、やりたい放題の暴挙に鎌苅氏が激怒するのは必至。直接対決は避けられないところまで来た。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2013年11月29日のニュース