ボビー・オロゴンの弟アンディ、引退していた

[ 2012年6月24日 06:00 ]

昨年8月、デビュー戦で勝利し兄のボビー・オロゴン(右)から祝福されるアンディ・オロゴン

 最強タレント、ボビー・オロゴン(39)の弟で、K―1からプロボクシングに転向したアンディ・オロゴン(29)が昨年末に引退していたことが分かった。所属していた平仲BSによると、昨年12月25日の3戦目で判定負けした後、ライセンスを更新せず日本ボクシングコミッションに引退を通達したという。

 6階級制覇王者マニー・パッキャオがファイトマネー30億円を稼ぐことを知った兄ボビーの勧めでボクサーに転身。昨年8月31日のデビュー戦を勝利で飾ったが、セコンドライセンスを持つボビーが他の格闘団体のリングに上がって資格を剥奪されると、同10月の2戦目で1回KO負けした。デビューからわずか4カ月の選手生活となった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年6月24日のニュース