昭和のプロレスを名解説…評論家の竹内宏介氏が死去

[ 2012年5月5日 06:00 ]

通夜に参列した全日本プロレスの武藤

 プロレス評論家の竹内宏介(たけうち・こうすけ)氏が3日午後8時24分、腸閉塞(へいそく)のため死亡した。65歳だった。

 1947年に静岡県熱海市で生まれ、「月刊プロレス&ボクシング」(現週刊プロレス)、「ゴング」誌などの編集長を歴任。日本テレビの「全日本プロレス中継」では歯切れのいい解説で活躍したが、06年12月に脳梗塞で倒れ、病床についていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年5月5日のニュース