TARU、MAZADAは容疑認める「反省の色が見られず殴った」

[ 2011年11月22日 18:37 ]

 兵庫県警葺合署は22日、5月29日に行われた全日本プロレス神戸大会の試合前に、同僚で、リングネーム「スーパー・ヘイト」として活動していた平井伸和さん(41)を殴って重傷を負わせたとして、傷害の疑いで元プロレスラーのTARUこと無職多留嘉一容疑者(47)と、自称プロレスラーのMAZADAこと正田和彦容疑者(36)を逮捕した。

 両容疑者はいずれも容疑を認め「日ごろの態度が悪いことを叱ったが、反省の色が見られず殴った」と供述している。

 当時、多留容疑者は無所属のレスラーで、悪役グループ「ブードゥー・マーダーズ」をつくり全日本に参戦。正田容疑者と平井さんはこのグループの同僚だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年11月22日のニュース