PR:

羽生、SP94・85点で2位発進 チェン100点超えで首位、GPロシア杯 

男子SPで「バラード第1番」の曲に乗って滑る羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートGPシリーズ第1戦のロシア杯は20日、モスクワで男子ショートプログラム(SP)が行われ、GPファイナルで5連覇を目指す羽生結弦(ゆづる、22=ANA)が94・85点で2位発進となった。

 ショパンの「バラード第1番」に乗って演技をはじめた羽生は、冒頭の4回転ループが回転不足に。後半の4回転、3回転の連続トーループは3回転ジャンプで転倒した。ジャンプのミスが響き94・85点。今季初戦となった9月のオータム・クラシックで記録した歴代最高得点112・72点の更新はならなかった。

 五輪のライバルと目される昨季の四大陸選手権覇者ネーサン・チェン(18=米国)が100・54点で首位。

 羽生は21日のフリーで自身4種類目の4回転ジャンプとなるルッツに初挑戦する意向を示している。

[ 2017年10月20日 21:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月21日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画