佐藤琢磨、来季はデイル・コイン・レーシングからNTTインディカー・シリーズにフル参戦

[ 2021年12月9日 22:00 ]

来季はデイル・コイン・レーシングからインディカー・シリーズにフル参戦する佐藤琢磨
Photo By 提供写真

 レーシングドライバーの佐藤琢磨(44)が9日、オンライン形式で会見を開き、来季はデイル・コイン・レーシング・ウィズRWRからNTTインディカー・シリーズにフル参戦すると発表した。エンジンはホンダで、佐藤のカーナンバーは51に決定。エンジニアなど新体制は来年1月に発表される。

 佐藤はインディカー・シリーズ参戦12年目の今季、2年ぶりの0勝に終わり、18年から在籍して20年には自身2度目のインディアナポリス500マイル(通称インディ500)優勝を達成したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングを退団。参戦継続へ複数のチームと話し合いを持ち、最終的には3チームと交渉する中で、インディ500制覇に意欲を見せる元ドライバーのデイル・コイン共同オーナーから「インディ500を実際に勝ったドライバーが我々の車に乗ったことがない。スピードを証明したい」と熱意を訴えられたという。佐藤は「これまで在籍したチームよりも小さなチームだが、少数精鋭で目を見張るスピードを何度も見せている。デイルさんのチームをまとめる熱意が、いつも伝わってきた。熱い思いに応えられるように頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 今季を終えてインディカー・シリーズ通算199戦で、来季開幕戦(決勝来年2月27日、米フロリダ州セントピーターズバーグ)が記念すべき200戦目となる。「特に意識することはないと思う」と言いながらも、「ポールポジション(PP)も取った験の良いコースだけど、まだポディウム(表彰台)には上れていない。デイル・コイン・レーシングが強いサーキットの1つでもあるし、開幕戦から一気にトップを目指したい」と意気込みを口にした。インディ500を2度勝った者として「自分の経験を生かせるのなら、100%の力を出してデイル・コイン・レーシングとインディ500優勝を目指したい」と語り、シーズンの目標を問われると「インディ500はもちろん意識するし、最大の目標になるが、参戦する全てのチームの夢で、目指さないドライバーはいない。今季は苦しいレース状況からの追い上げが多かったので、22年は自分の持ち味でもあった予選で前に出て、フロントローを目指す。開幕から全力を尽くして、タイトル争いに加われるシーズンにしていきたい」と決意表明した。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年12月9日のニュース