角田 2戦ぶり入賞10位、ハミルトンが母国V F1英国GP

[ 2021年7月20日 05:30 ]

英国GP決勝で走行する角田裕毅=シルバーストーン(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 自動車のF1シリーズ第10戦、英国GPは18日、シルバーストーンで決勝が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は2戦ぶりの入賞となる10位に入った。

 メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が地元GPで今季4勝目、通算99勝目を挙げた。現在、年間総合順位で首位のレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)は、1周目にハミルトンと接触してリタイア。他のホンダ勢はアルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)が11位、レッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は16位だった。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年7月20日のニュース