インディ500・佐藤琢磨 連覇届かず14位 151週目で首位も逃げ切れず

[ 2021年6月1日 05:30 ]

優勝したエリオ・カストロネベス(右)を祝福する佐藤琢磨(AP)
Photo By AP

 第105回インディアナポリス500マイル(インディ500)は30日、米インディアナポリスで決勝が行われ、2連覇を目指した佐藤琢磨(ホンダ=44)は14位に終わった。

 15番手スタートから粘り強く走り、151周目で首位に立った。だが、チームは燃料補給を遅らせて逃げ切る作戦を指示。再びトップに立った直後の残り6周、燃料不足でピットインし、逃げ切れなかった。「勝負を捨ててしまった感じ」と納得がいかない様子で振り返った佐藤は「勝ち方は毎回変わる。挑戦したけどかなわなかった」と肩を落とした。

 46歳のエリオ・カストロネベス(ブラジル、ホンダ)が優勝し、史上最多に並ぶ4勝目を挙げた。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年6月1日のニュース