道頓堀に琢磨グリコサイン 「インディ500」2度目Vの偉業称え

[ 2020年9月5日 05:30 ]

巨大看板・グリコサインに登場した佐藤琢磨は「ゴールインマーク」
Photo By スポニチ

 8月に米インディアナポリスで開催された自動車レース「第104回インディアナポリス500マイル」で2度目の優勝を果たしたレーサー佐藤琢磨(43)が4日、大阪・道頓堀の巨大看板「グリコサイン」に勝利のポーズで登場した。

 江崎グリコは2010年から佐藤をサポート。17年に同レースで優勝した際は両手を上げ、両足を踏ん張って喜ぶポーズだったが、2度目の今回は佐藤がマシンの上で左足を上げたグリコおなじみの「ゴールインマーク」を披露。同社広報部も「祝福の意味を込めて、こちらからお願いしました。ホントに快挙です」と偉業を称えていた。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年9月5日のニュース