フェラーリ フェテルと契約延長せず 後任候補はリカルド、サインツか!?

[ 2020年5月13日 13:55 ]

2020年末までの契約満了で、フェラーリを離脱すると発表したフェテル(ドイツ)
Photo By AP

 自動車F1シリーズのフェラーリは12日、2020年末で切れる元総合王者セバスチャン・フェテル(ドイツ)との契約を延長しないと発表した。

 チーム代表のビノット氏は「セバスチャンと一緒に下した決断だ。両者にとってベストだと考えている」とコメント。2015年から所属しているフェテルは「この共同決定に金銭的な問題は何も影響していない」とし、チームに対しては「フェラーリのファミリー全員、そして何よりも世界中のティフォシに、長年に渡って僕をサポートしてくれたことに感謝したいと思う」と述べた。

 後任ドライバーは明らかになっていないが、現地メディアはダニエル・リカルド(ルノー)やカルロス・サインツ(マクラーレン・ルノー)らが有力と報じている。また、フェテルの移籍先には、マクラーレン・ルノー、ルノーの他、レッドブル・ホンダへの復帰も噂されている。

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年5月13日のニュース