×

京口紘人 まさかの判定負けにファンも不満爆発!「これ大誤審じゃない!?」「どう見たら負けなんだ?」

[ 2024年5月11日 19:43 ]

京口紘人
Photo By スポニチ

 元世界2階級制覇王者でWBA世界フライ級2位の京口紘人(30=ワタナベ)が11日、韓国・仁川パラダイスシティでフライ級10回戦に臨み、IBF同級10位ビンス・パラス(25=フィリピン)に判定0-3で敗れた

 対戦相手のパラスとは18年5月にIBF世界ミニマム級王者時代に対戦し、ダウンを奪われながらも大差の判定勝ちを収めた。6年ぶりの再戦となった一戦は、京口が優勢に試合を進めているように見えたが、判定は97―93が2人、96―94が1人の0―3で敗れた。

 京口もこの結果には信じられない表情を見せてそのままリングから降りた。試合後に自身のSNSでは結果は「判定で負けました は?ふざけんな」と判定結果に不満を示すような投稿をした。

 この結果にはネットでも「どう見たら負けなんだ!?」「これ大誤審じゃない!?」「有効打も京口の方が多かったじゃん」「これはちょっとないわ…」などの声があがった。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年5月11日のニュース