RENA 失神シーンを繰り返し流す番組に怒り「下からとか撮る!?女の子〜っ!」

[ 2018年7月8日 20:40 ]

シュートボクサーのRENA
Photo By スポニチ

 シュートボクサーのRENA(27)が8日、フジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜後19・00〜19・57)に出演。失神シーンを繰り返し流す、同番組のスタッフに怒りをぶちまけた。

 RENAはRIZIN女子部門で2年に渡り活躍し、エースとして君臨。2017年12月31日に開催された「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2017」内で行われた「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」は、誰もが優勝を疑わなかった。しかし決勝戦で女性総合格闘家・浅倉カンナ(20)と対戦して敗北。絞め落とされたシーンはあまりにも衝撃的だった。そのため同番組では、浅倉の登場回にそのシーンを繰り返し流し、浅倉の強さを視聴者に伝えていたのだった。

 ただ、敗北した姿を繰り返し流されるRENAはたまったものではない。「も〜、何回も出る出る、私の失神シーン」とあきれるばかり。放送中に訴えてる最中もそのシーンは流れ、「また出た〜」と苦笑い。MCの浜田雅功(55)は「しゃ〜ないやん」と、笑いながらたしなめた。

 ただ、RENAは多少は仕方ないと思いつつも撮られた時の“アングル”が許せず。倒れたRENAを下からのぞき込むような角度で撮られていたため、鼻の穴や意識の飛んだ目など、見られたくない部分まで世間にさらけ出すハメに。流れる映像を見て、RENAは思わず「下からとか撮る!?女の子〜っ!」と叫んでいた。

 浜田は「このパーン(カメラワーク)でしか映像残ってなかった」と素っ気ない一言。進行の永島優美アナ(26)は、番組を代表して「すみませ〜ん」と平謝りしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年7月8日のニュース