内山 V10戦相手は日本人キラーの元ムエタイ王者「強い面白そう」

[ 2015年3月21日 05:30 ]

田口良一(右)のネクタイを直すつもりが「絶対勝てよ」と脅しているようになってしまった内山高志

WBA世界スーパーフェザー級タイトル戦 王者・内山高志―同級10位・ジョムトーン・チョーワッタナ

(5月6日 大田区総合体育館)
 スーパー王者の内山高志(35=ワタナベ)の10度目となる防衛戦が5月6日、大田区総合体育館で開催されることが決まった。対戦相手は元ムエタイ王者で東洋太平洋王者のジョムトーン・チョーワッタナ(25=タイ)。スーパー王者として初の防衛戦となる内山は「この階級では自分が1番。気を抜かずに防衛を果たしたい」と気合を込めた。

 ジョムトーンは日本人に無敗で、内山と対戦した金子大樹(横浜光)にも勝っている。普段の5倍のビデオを見て研究済みで「しっかりとサウスポー対策をして勝率が上がるようにしたい」とし、10度目の防衛に「区切りのいい数字。(具志堅用高の記録した)13度は海外、統一戦とかで超えられたら」と力を込めた。

 同日にクワンタイ・シスモーゼン(30=タイ)と初防衛戦を行うWBA世界ライトフライ級王者の田口良一(28=ワタナベ)は「ベルトを獲るよりも難しいと言われる初防衛戦で強くなった姿を見せたい。KOで勝ちたいと思う」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2015年3月21日のニュース