世界王者・粟生も絶賛の強さ…金子、圧巻KO初防衛

[ 2012年9月2日 06:00 ]

初防衛に成功した金子

日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦 ○金子大樹 KO 2回1分39秒 佐藤通也●

(9月1日 後楽園ホール)
  “浜の大樹”が世界王者も圧巻のファイトで初防衛に成功した。名門・横浜光ジムのホープ、金子大樹は1回に右ストレート、2回に右アッパーでダウンを奪うと、ロープを背負う挑戦者に連打を叩き込み、最後は右ストレートを決めてKO勝ちした。

 リングサイドで観戦した金子と同じスーパーフェザー級のWBC世界王者・粟生隆寛は「日本レベルでは、ずば抜けている」と絶賛。涼しげな顔の金子は「熱くなると粗くなるので冷静さを心掛けた」と勝因を語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年9月2日のニュース