藤岡 世界戦“ラスト”「結果求める」

[ 2011年3月10日 06:00 ]

35歳で世界初挑戦の藤岡はラストチャンスの覚悟でリングに上がる

 女子プロボクシングのトリプル世界戦(12日、後楽園ホール)でWBC女子世界ミニフライ級王者アナベル・オルティス(メキシコ)に挑戦する藤岡奈穂子(35=竹原&畑山)が9日、都内で練習を公開。

 ラストチャンスの決意で世界初挑戦のリングに立つことを明かした。「35歳だし結果にこだわりたい」。アマチュア時代に現世界王者・多田悦子を破るなど国内では無敗を誇った拳で勝負に出る。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月10日のニュース