PR:

恩田祐一28位 石田正子は予選落ち

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は25日、フィンランドのクーサモでスプリント・クラシカルを行い、今季初戦を迎えた日本勢は男子(1・4キロ)の恩田祐一(アークコミュニケーションズ)が予選を2分46秒51の10位で通過したが、準々決勝でほかの選手を妨害したとしてその組最下位となり、28位だった。

 W杯初出場となる宮沢大志(早大)は60位、吉田圭伸(自衛隊)は92位、レンティング陽(早大)が94位、成瀬野生(岐阜日野自動車)は98位でいずれも予選を通過できなかった。テオドル・ペーターション(スウェーデン)が制した。

 女子(1・2キロ)は石田正子(JR北海道)が72位で予選落ちした。優勝はマリット・ビョルゲン(ノルウェー)。

 クーサモでは3日間の合計で勝敗を争う。

 ▼恩田祐一の話 決勝に行けるチャンスだと思っていたので残念だけどしようがない。昨季より強くなっていると感じる。

 ▼石田正子の話 疲れないうちに終わってしまった感じ。何をやっているんだか。練習で転んでしまい攻められなかった。

 ▼吉田圭伸の話 初戦だから少し気負いがあったのかもしれない。こんなはずじゃない。問題なく調整できているので前向きにやる。

 ▼成瀬野生の話 トップにかなり離された。スプリントはなかなか甘くない。3日間の総合でポイントを取るのが目標。

 ▼宮沢大志の話 あっという間だった。少し緊張はあったけど、レース展開はまあまあだった。上りは良かったので平地が課題。(共同)

[ 2011年11月25日 22:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月23日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画