PR:

【根岸S】タイセイレジェンド絶好調 ガンジスに先行許さず!

坂路でガンジス(左)と併せて追い切られるタイセイレジェンド

 東京開幕を飾るダートG3「根岸S」の追い切りが栗東、美浦トレセンで行われた。昨年のJBCスプリント覇者タイセイレジェンドは、有力候補の僚馬ガンジスと熱のこもった併せ馬で先着。フェブラリーSに向け、しっかりと態勢を整えた。
【根岸S】

 持ち味を存分に見せつけた。タイセイレジェンドは、同じく根岸Sで人気になりそうなガンジスと坂路で併せ馬。レースでの脚質に合わせ、先行してパートナーを待ち受けた。並びかけようとする僚馬。気合を注入され、グッとひと伸びして並ばせない。最後まで脚色鈍らず、リードも許さず。4F54秒0~13秒3を刻み、半馬身先着のフィニッシュ。猛稽古をしっかりと物にした。

 渋田助手は満足げに振り返った。「気持ちを乗せる感じで。非常に良かった。歩様がスムーズで馬が柔らかい」。矢作師も納得の表情で「先行すると実にしぶとい」と感嘆。レース同様の粘り腰に目を細めた。

 昨年はJBCスプリントを勝ち、大きく飛躍。「以前は体質が弱く、腰が甘かった。今はその心配がない」。渋田助手は肉体の成長を感じ取っている。「調教でまたがっても、まるで別馬」と表現するほどだ。

 G1馬となって、ご褒美のひと休み。じっくりと英気を養い、ここを始動戦として乗り込んできた。「馬体は多少重いかなとも思うが、前走時(518キロ)が予定より減っていたから。それでも(重めを負けた時の)言い訳にするつもりはない」(矢作師)。格と地力で押し切る。指揮官の決意表明に聞こえた。

 不安点があるとすれば実績馬ゆえの59キロか。「レジェンドにとってどうということはないが、ガンジスが55キロだからね。有利なことはない」と矢作師。克服うんぬんでなく、他馬との重量差が気になるとの見解を示した。いずれにしても、この馬への信頼に関しては鉄板だ。ここからフェブラリーS(2月17日、東京)、そしてドバイ遠征(3月30日)を視野に入れた強豪。陣営の辞書には「白星発進」の文字しかない。

[ 2013年1月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:09月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース