PR:

【天皇賞・春】オルフェ11着の大波乱!14番人気ビートブラックV

 「第145回天皇賞・春」(G1、芝3200メートル・晴良18頭)は29日、京都競馬場11Rで行われ、石橋脩騎手騎乗の14番人気のビートブラック(牡5=中村均厩舎、父ミスキャスト、母アラームコール)が2番手から4角で先頭に立ち、直線後続を押し切り4馬身差をつけ優勝した。勝ち時計は3分13秒08。

 レースはビートブラックが好スタートを切るもゴールデンハインドに逃げを譲り、2番手でレースを進める。断然の1番人気オルフェーヴルも揃ったスタートを切るがすぐに内に入れ、馬群の中を最後方から2頭目でレースを進めた。向場面でも隊列は変わらずゴールデンハインドとビートブラックは後続に20馬身以上の差をつけ3コーナーを回る。ゴールデンハインドの手応えがなくなるとビートブラックが一気に先頭に立ち4角先頭から2着に4馬身差を付け勝利した。

 ビートブラック、石橋脩騎手ともにG1初制覇。2着には道中中団を進み直線内を差してきたトーセンジョーダンが入り、3着には直線外からウインバリアシオンが入り天皇賞春は大波乱に終わった。

 単勝1・3倍の断然人気に押されたオルフェーヴルは終始折り合いもつき、スムーズに進めたが直線全く伸びず11着に惨敗した。

[ 2012年4月29日 16:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:12月12日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース