PR:

井上尚弥 7度目の防衛戦で“卒業” 大橋会長「来年は3階級制覇へ向けて動いていきたい」

スパーリングで左ボディーを放つ井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)が16日、横浜市内の大橋ジムで、30日の7度目の防衛戦(横浜文化体育館)へ向けた練習を公開した。

 V7戦を無事にクリアした場合は来年2月24日に米ロサンゼルスで行われる興行「SUPERFLY2」へ参戦する意向だったが、IBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が不参加の方針を示したため、希望していた王座統一戦は絶望的。大橋ジムの大橋秀行会長によると、米側からは通常の防衛戦を提案されているが「格下の選手では意味がない。出ない方向で考えている」と参戦を回避する可能性が高く、井上尚も「出たい気持ちはあったけど、今のところ統一戦はできないということなので」と話した。

 大橋会長は「来年は3階級制覇へ向けて動いていきたい」とV7戦を最後にスーパーフライ級を“卒業”し、バンタム級で戦う方針を示した。井上尚も「2月がなくなっても、来年はバンタム級という新たな階級へ向かっていくモチベーションが高い」と前向きで、ヨワン・ボワイヨ(フランス)を対戦するV7戦ではバンタム級での戦いを見据えて「よりディフェンス力を高めて、打たせないで打つボクシングを徹底したい」と話した。

 この日のスパーリングではフィリピン人パートナーを相手に3ラウンド行い、相手のパンチをはじくパーリングと固いブロッキングを使い分けるディフェンスのほか、途中でサウスポーへスイッチして左ストレートを打ち込むなど軽快な動きを披露。「年末はいい試合が続いているので、30日も“いい年だった”と思えるように、結果的にKOで勝ちたい」と抱負を述べた。

[ 2017年12月16日 16:28 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:04月22日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム