PR:

悔しい…山中 ネリのパンチは効かず「大したことない」

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦   ●王者・山中慎介 4回2分29秒TKO 同級1位ルイス・ネリ○ ( 2017年8月15日    島津アリーナ京都 )

<WBC世界バンタム級タイトルマッチ>控室で試合を振り返る山中
Photo By スポニチ

 【山中に聞く】

 ――結果を受けて。

 「負けておいてこんなことを言うのもなんだけど、向かい合って、大したことないと思った。4回は自分的には大丈夫だったが、セコンドをちょっと心配させたというか(動きが)止まってしまって。効いてはいなかった。まだまだやれるというのはあったし、左も思ったより当たっていた。悔しい」

 ――ジャブ中心に組み立てて、いい立ち上がりだった。

 「自分の距離でしっかりと当てて、いいリズムでできたと思う。4回はそんなに(パンチを)もらっているつもりはなかったけど、周りから見たらどうなのか分からない」

 ――3回中盤から中間距離になった。

 「それでも(相手が)入ってくるところは狙いやすかったし、あの距離でも感覚としては左のタイミングは合っていた。当てるチャンスでもあった。(相手の)一発のパンチが強いというわけでもなかった」

 ――足の感覚は。

 「もっと足を使おうかと思ったけど、基本的にジャブも当たったし、そんなに常にガンガン来るわけではなかったので、自分の距離でやっていたつもり」

 ――反省点は。

 「止まりすぎて(パンチを)まとめられたから陣営が止めたわけですし、もう少し足を使っていれば心配させなくて、もうちょっと続いたのかと思う」

[ 2017年8月16日 07:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム