PR:

井上尚弥 体力強化合宿スタート「いい状態で試合に持っていけたら」

必死の形相で太いロープを引っ張る井上尚弥
Photo By スポニチ

 5月21日に5度目の防衛戦(東京・有明コロシアム)を控えるボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)が17日、静岡・熱海で4日間の体力強化合宿をスタートさせた。初日はあいにくの雨で、予定していた砂浜での走り込みができず、弟の元東洋太平洋同級王者・拓真(21=同)、いとこで日本スーパーライト級8位の浩樹(24=同)とともに、室内で体幹を中心に鍛えるフィジカルトレーニングに励んだ。

 井上尚にとっては恒例の熱海合宿だが、試合の約1カ月前に行うのは今回が初めて。「前回、2月に合宿をした後は凄く調子が良かったけど、数カ月経つと段々(効果が)抜けてくる感じがしていた。今回、1カ月前にやることによって、いい状態で試合に持っていけたら」と説明した。普段から週3回、高村淳也トレーナー(43)の指導でフィジカルトレーニングに励んでいるが、「合宿で疲労が抜けない状態でやると週3よりも全然違う。毎日連続でやることで強化につながる」と効果に期待した。20日まで合宿を行ったあと、新たにパートナーを招へいしてのスパーリングや本格的な減量を始め、WBO2位リカルド・ロドリゲス(27=米国)との一戦へ仕上げていく。

[ 2017年4月17日 18:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム

      スペシャルコンテンツ