×

元6階級王者マニー・パッキャオがRIZIN王者・鈴木千裕と対戦…畑山隆則氏「一か八か」

[ 2024年6月19日 20:59 ]

(左から)竹原慎二氏、渡嘉敷勝男氏、畑山隆則氏
Photo By スポニチ

 渡嘉敷勝男氏(63)、竹原慎二氏(52)、畑山隆則氏(48)の元世界王者3人がYouTube「ぶっちゃけチャンネル」を更新。6階級制覇ボクシング王者マニー・パッキャオ(45=フィリピン)とRIZINフェザー級王者・鈴木千裕(25=クロスポイント吉祥寺)の試合を展望した。

 7月28日にさいたまスーパーアリーナで開催する「超RIZIN.3」で3分3ラウンドのボクシングマッチ(68・0キロ契約)を行う。

 渡嘉敷氏は「殴り合いならいけるんじゃないか」と鈴木が勝つ可能性を示唆した。

 畑山氏は冷静に「普通に考えてパッキャオの調整次第じゃない?維持出来てれば千裕は厳しい」と指摘した。

 パッキャオは9月にWBC世界ウェルター級暫定王者に挑戦する可能性がある。

 竹原氏は「現役復帰に向けて体作ってるなら厳しいね」と解説した。

 ただ、鈴木のことも知る畑山氏は「厳しいけど一か八かの期待は抱かせてくれる選手」と、試合自体は楽しみな様子だ。

 パッキャオは2021年に引退後も世界中でエキシビジョンのリングに上がり続けているという。

 渡嘉敷氏は「パッキャオはリングで稼いだお金を恵まれない人に寄付している。だから今回も受けた」と、モチベーションは高いと説明した。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年6月19日のニュース