PR:

輪島会長に恩返しを…勅使河原、ジム初の王者へ「倒しきって勝つ」

計量をクリアした勅使河原(左)とパブスタン(右)。中央はWBOアジア・パシフィック立会人のパノンシロ氏
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBOアジア・パシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦(12日、東京・後楽園ホール)の前日計量が11日、東京都文京区の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ、挑戦者の勅使河原弘晶(輪島功一スポーツ)、王者ジェトロ・パブスタン(フィリピン)ともにリミットの53・5キロで一発パスした。

 タイトル初挑戦の勅使河原は「コンディションはメチャクチャいい。今までで一番いい」と自信たっぷり。王者が肩にかけたベルトに目をやり、「明日、あれが俺のモノになるかと思うとうれしい。ベルトを奪って、手ぶらで入院させてやりますよ」と強気に言い放った。サウスポーは苦手意識があったというが、IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)ら国内トップレベルとスパーリングを重ねたそうで「得意気味になってきた。スパーでは倒すこともあった」と克服したことを強調した。親しくしている漫画家・高橋ツトム氏の紹介で、3週間前には元3階級制覇王者・長谷川穂積氏の元を訪問。実際に練習を見てもらい、技術面だけでなく「練習への考え方が甘い」と指摘されたという。長谷川氏は試合も観戦に訪れる予定で「勝って、次からは本当に死にものぐるいでやろうと思う」と決意を口にした。

 幼少期に虐待を受けて中学時代から非行に走ったが、少年院で読んだ元世界スーパーウエルター級王者・輪島功一会長の自伝をきっかけに、プロボクサーになることを決意した。「会長は努力と根性でのし上がった。自分も根性はあるし、努力はできる。俺でも世界チャンピオンになれると思った」と明かした。勝てば輪島ジム初のチャンピオンだけに、「最初のチャンピオンになることに意味がある。会長にベルトを捧げたい」とキッパリ。「厳しい試合は覚悟しているけど、最後は倒しきって勝ちたい」と意気込んだ。

[ 2017年10月11日 14:28 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:10月17日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム