PR:

【鰻谷通信コラ厶】「関西将棋まつり」タイトルホルダー3人集結

大阪市北区茶屋町「毎日放送ちゃやまちプラザ」で6月2日(土)、3日(日)開催

「eoプレゼンツ関西将棋まつり2018」の開催を告げる大阪版本紙紙面(4月27日付)
Photo By スポニチ

 暦は早くも第七番節気「立夏」を過ぎました。ケヤキやイチョウには黄緑色の若葉が繁り、初夏の陽光にキラキラ輝いています。まばゆい新緑の下にはツツジが満開、梅雨の主役を務めるアジサイには、たくさんの小さなツボミが付いています。ところで、今年のゴールデンウイークの天候は大荒れ。北海道・女満別の最高気温30.2度を記録する猛暑日で始まり、各地で雹(ひょう)や霰(あられ)が降るメイストームで終了しました。この先、季節はいよいよ本格的な夏へと向かっていきます。残り少ない五月晴れを楽しみましょう。

 永世七冠を達成し、棋士では初めて国民栄誉賞を授与された羽生善治二冠(竜王・棋聖)。連戦連勝でトントン拍子に昇段する藤井聡太六段。そして、レジェンド“ひふみん”のメディアでの活躍も相まって、将棋界は大いに盛り上がっています。今や、ファンのみならず、将棋をあまり知らない人達にもその動向が注目されています。そんな中、将棋界をけん引する羽生二冠は、第76期名人戦で佐藤天彦名人と激闘を繰り広げています。勝てば、通算タイトル獲得数100期という未曾有の大記録達成となる羽生二冠。第2局終了時点の勝敗は1勝1敗の五分。今後の展開が大いに注目されます。

 将棋界が注目される中、スポニチプラザは6月2日(土)・3日(日)の2日間、大阪市北区茶屋町の毎日放送ちゃやまちプラザで「eoプレゼンツ関西将棋まつり2018」を開催します。昨年も大盛況だったこのイベントですが、開催までの道のりには関西の棋士たちの熱い思いがこもっています。かつて関西で長年に渡り開催されていた「近鉄囲碁将棋まつり」が途絶えた後、関西で何とか将棋まつりを復活出来ないかと、日本将棋連盟関西本部は奔走しました。やっとの思いで開催にこぎつけた「関西将棋まつり」。今回のイベントにもたくさんの将棋ファンが来場することを願うばかりです。イベントの一部をご紹介しましょう。

 まずは出演棋士の豪華さ。久保利明王将、菅井竜也王位、中村太地王座ら3人のタイトルホルダーを始め、東西から人気棋士が集結します。2日間通してのイベント内容も盛りだくさん。注目の特別記念対局は、初日に菅井竜也王位と糸谷哲郎八段が激突、2日目は中村太地王座と斎藤慎太郎七段のイケメン対局が実現しました。いずれ劣らぬ熱戦に興味が尽きることはありません。そのほか、「超光速早指しトーナメント」や「脳内将棋」「ついたて将棋」「フレッシュ女流棋士対局」「指導対局」など楽しい催しが満載です。別会場で行われる「こども将棋大会」のチャンピオンには、里見香奈女流五冠への挑戦権が与えられ、各日の最後には豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会もあります。ファンの皆様、関西唯一の豪華将棋イベントに是非ご来場下さい。(スポニチプラザ大阪総支配人・厨子 雄二)

[ 2018年5月8日 12:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:05月21日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画