大相撲 2018年

稀勢、18番15勝で稽古納め 来年向け「いい年にしたい」

 大相撲の横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が30日、稽古納めを行った。弟弟子の大関・高安との三番稽古では、右足から踏み込んで右上手を取りにいく相撲を繰り返した。まわしに手がかかるとすぐに前に出て18番で15勝3敗。「やりたいことはだいぶできてきている。もっともっと自分で求めてやっていきたい」…

2018年12月31日 05:30

ニュース

もっと見る