“ゾンビ守備”で8強狙う!女子ホッケー「さくらジャパン」五輪代表メンバー決定

[ 2024年6月15日 04:40 ]

パリ五輪代表に決まったホッケー女子代表の(左から)永井友、狐塚、島田
Photo By スポニチ

 日本ホッケー協会は14日、都内で会見し、パリ五輪に出場する女子日本代表「さくらジャパン」の16人を発表した。主将のFW兼MF永井友理(32=ソニー)、妹のMF葉月(29)は3度目の姉妹出場が決定。会見に出席した友理は「結果を残すため、覚悟を持って臨みたい」と意気込んだ。まずは1次リーグ突破、さらにその先を見据えた戦いが始まる。

 東京五輪では1勝もできず1次リーグ敗退。その後の3年間は「チーム・ファースト」を合言葉に掲げ、献身的な守備を磨いた。粘り強いスタイルは他国から「ゾンビ・ディフェンス」と恐れられるほど。「どれだけ攻められても諦めない。良い意味で諦めないチームだと自覚している」と仕上がりに自信を見せた。

 日本は6大会連続の出場。東京五輪銀メダルのバスケットボール女子のように、パリで一花咲かせて知名度アップも狙う。「出るだけでは満足しない。次こそ、バスケのようになっていく」と決意を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月15日のニュース