器械体操日本一のフィットネストレーナーにインタビュー。摂食障害に悩んだ日々も

[ 2024年6月13日 09:00 ]

東京・八王子でフィットネストレーナーとして活躍している青柳香菜子さん(愛称・青子さん)。3歳で始めた器械体操で日本一になった経験もあるほど運動神経抜群なんです。そんな青子さんに器械体操をやっていてよかったことやツラかったこと、また筋トレが人生に与えた影響や摂食障害を患った経験を語ってくれました。

\インタビューを動画で見たい人はこちら/

痛い思い出が多い器械体操

―器械体操で日本一になった経験がある青子さん。器械体操を始めたきっかけは何ですか?

じつは、自分でやりたいと言って始めたわけではなく、3歳ぐらいのときに親が体操教室に入れたのが始まりでした。生まれて初めてやった逆上がりがひょいっとできてしまったらしく、それが理由で体操教室に入れられ......じゃなくてやらせていただき(笑)、練習をしていたら全国大会まで行くようになったという感じです。

―器械体操はどれぐらいの期間やっていましたか?

3歳ぐらいから高校に上がる前までなので、10年ぐらいはやっていましたね。

\青子さんがトランポリンで遊ぶ姿を動画でどうぞ/

―器械体操をやっていてよかったことってありますか?

器械体操は自分の体の使い方がうまくなる競技ですので、どのスポーツをやってもだいたい万遍なくこなすことができたので、身体能力が高くなってよかったと思いました。

―逆に、器械体操をやっていてツラかったことはありますか?

練習がホントにツラかったですね。毎日練習していましたし、学校よりも長い時間、体操教室にいて、子どもながらに睡眠時間が短い生活を送っていました。痛みに耐えていかなければいけない競技ですので、手の皮が平行棒で剥けて血だらけになろうと回り続けたり、開脚ができるようになるまでやったりして......痛い思い出が多いですね(笑)。

\体を柔らかくしたい人はこちらの動画/

芸能活動をしていたことも

―現在はフィットネストレーナーをされている青子さんですが、トレーナーになる前はどんな仕事をしていましたか?

じつはちょっとお恥ずかしながら、学生のころから芸能事務所に所属して芸能活動をしていました。好きなことがすごく多くて、歌やファッション、アートなど。そういう好きなことができるのが芸能のお仕事かなと思い、オーディションを受けて芸能事務所に入っていました。そのときにアルバイトでやっていたのがフィットネスなんです。

―なぜトレーナーになろうと思いましたか?

ステキなトレーナーの方に出会ったのがきっかけで、「私も女性をキレイにするトレーナーになろう」という思いで、トレーナーになりました。

―トレーニングのスケジュールを教えてください!

じつはスケジュールはないんです。グループレッスンで日々体を動かすお仕事なので、睡眠の取り具合などをみて「今日はお尻を鍛えようかな」「今日は背中と胸をやろうかな」というようにその日に決めてトレーニングをしています。

―トレーニングをしてきてケガやオーバートレーニングになったことはありますか?

ないと思います。トレーニング以外でのケガはあるんですけど。むしろケガをして、無くなってしまった筋肉を育てて日常生活を送れるようにトレーニングをしたということはあります。

\オーバートレーニングってこういう症状/

ツラかった摂食障害

―摂食障害の経験があるという青子さん。そのときの症状や気持ちを教えてください。

最初は不眠症からでした。一睡もできなかったとしても、朝起きて動かなければいけません。となると大量の糖質が欲しくなるのです。パンやおにぎりを大量に食べて、ちょっと頭が覚醒したらもう要らないと吐く......。この行動を繰り返していました。多いときは1日で5、6回繰り返していました。

気持ちは......うまく表現できないんですけど、朦朧としているなかで「がんばりたい」という気持ちもありながら、過食→嘔吐という行動をとっていて......。気持ちと行動が反比例していて、とてもツラかったです。

―現在、摂食障害に悩む方にメッセージをお願いします!

摂食障害は気持ちとのリンクがすごく大きいと思います。何か悩んでいることとか考えごとがあって、そういう行動に至ってしまうというのが大半です。まずは問題解決にキチンと向き合うことが大事です。私の場合は大変なことがたくさんあり悩んでいた時期が長かったんですけど、真剣に向き合うことによって改善に向かいました。

ぜひ諦めず戦って、体をつくるウェイトトレーニングなども行い、心から気持ちのいい生活を送ることで、摂食障害の症状は回復していくと思いますのでぜひトライしてみてください。

つい食べすぎてしまう人へ。ライザップトレーナーから学ぶ、過食を防ぐ考え方

ポジティブにしてくれる筋トレ

―筋力トレーニングが青子さんの人生に与えた影響を教えてください。

数えきれないぐらいたくさんあるんですけど、まずトレーニングをすると気持ちがポジティブになっていくんですね。たとえばうまくいかないことがあって気にしていた日であっても、トレーニングをすれば前向きになって過ごしやすくなります。

体ももちろんボディラインがキレイになりますし、筋肉がつくと代謝が上がって普段から脂肪が燃えやすい体になるので、食事も楽しむことができます。たくさんメリットがあるので、これをみなさんに実感していただきたいのでトレーニングを一緒にしてほしいと思います!

―トレーニングをしてみたい!理想の体を手に入れたい!という視聴者の方にメッセージをお願いします!

「トレーニングをしてみたい」という気持ちが少しでもあったら、ぜひ今日から何か1種目でも始めてみませんか?やってみると「トレーニングをして気持ちが明るくなるってこういうことか!」とか「代謝が上がる気がする」というのが分かると思うのでぜひ一緒にやっていきましょう!

なぜ筋トレするとポジティブになるのか。幸せホルモン、成長ホルモン…種類と効果一覧

プロフィール

青柳香菜子

フィットネストレーナー 器械体操の経験やパーソナルフィットネストレーナーNESTAの認定資格を活かし 女性のボディメイクを得意とするトレーナー。

インスタグラム https://www.instagram.com/kana_aoko/

撮影協力  ネクストーンラボ八王子
公式サイト https://www.nextonelab8o2.com/

\インタビューを動画で見たい人はこちら/

<TEXT&PHOTO:MELOS編集部>

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月13日のニュース