大の里も堅首! 新三役が10日目までに勝ち越し決定は15年春場所・照ノ富士以来、平成以降6人目

[ 2024年5月22日 04:53 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2024年5月21日    両国国技館 )

<大相撲夏場所10日目>押し倒しで豪ノ山(左)を破る大の里(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 新小結・大の里が勝ち越しを決め、首位の2敗をキープした。

 豪ノ山に馬力で勝って一気に押し倒し。引いて呼び込んで敗れた前日の反省を生かし、この日は前に出続けた。新三役が10日目までに勝ち越しを決めるのは、15年春場所の照ノ富士以来で平成以降6人目。快進撃を続けるちょんまげ頭の23歳は「15日間しっかり戦い抜くことだけを考えます」と記録には目を向けず、初めて首位で臨む終盤の土俵を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月22日のニュース