×

トランポリン日本代表・堺亮介「低音障害型感音難聴」に 「急な耳鳴りとめまいと吐き気」治療に専念

[ 2022年7月7日 12:40 ]

トランポリン日本代表の堺亮介
Photo By スポニチ

 東京五輪、トランポリン日本代表の堺亮介(24=バンダイナムコアミューズメント)が7日、自身のツイッターを更新。「低音障害型感音難聴」と診断されたと報告した。

 堺は「低音障害型感音難聴という診断を受けました。治療に専念して次の大会までに完全復活したいと思います!」と投稿。「最終選考会の直前に急に耳鳴りがあり、その後めまいと吐き気に襲われてしまいました。その後もよくなる気配がなかったため、スイスワールドカップ前に耳鼻科を受診したところ、そのような診断を受けました」と経緯を明かし「試合のない7、8月は治療に専念し、9月以降の試合で戻ってこられるよう完治を目指してきたいと思います」とした。

 続けて「いつも応援してくださる皆様にご心配をおかけしますが、本人は死ぬほど元気なので安心してください。しっかり治して戻ってきます」と呼びかけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年7月7日のニュース