×

スタンレー杯決勝でライトニングが2勝3敗 敵地で踏みとどまってV3に望みをつなぐ

[ 2022年6月25日 12:34 ]

第3Pに勝ち越しのゴールをマークしたライトニングのパラット(AP)
Photo By AP

 北米アイスホッケーリーグ(NHL)の王者を決めるスタンレー杯決勝の第5戦が24日にデンバー(コロラド州)で行われ、ライトニング(東地区=勝ち点110)が3―2でアバランチ(西地区=勝ち点119)を退けて2勝3敗。敵地で貴重な白星を挙げて3連覇に望みをつないだ。

 勝てば地元で21年ぶり3回目の優勝が決まっていたアバランチは、1―2で迎えた第3Pの2分31秒、DFケール・マカー(23)のゴールで同点。しかし13分37秒、ライトニングのFWオンドレイ・パラット(31)に勝ち越しゴールを許して接戦をものにすることはできなかった。

 なお第6戦はライトニングの地元タンパ(フロリダ州)で行われる。

 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月25日のニュース