×

松山に聞く 日本開催V「凄い意味がある」「大事なところでいいパットが打てた」

[ 2021年10月25日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ最終日 ( 2021年10月24日    千葉県印西市 アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70 )

<ZOZOチャンピオンシップ最終日>6番、大勢のギャラリーの熱視線を浴びながらティーショットを打つ松山(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本のエース・松山英樹(29=LEXUS)が凱旋Vを飾った。首位で出て2イーグル、3バーディー、2ボギーの65をマーク。通算15アンダーで4月のマスターズ以来の米ツアー通算7勝目を挙げた。

 【松山と一問一答】

 ――一時は2位に後退したが?
 「状態が本当に良くなかったので、その中で自分に勝機があるとしたら、ギャラリーの方が僕を応援してくれているというところが一番の強みだと思うのでそこをうまく自分の力に変えることができたかなと思います」

 ――シーズンの早い段階で勝てた。
 「優勝することは本当に大事だと思うので、それはマスターズまでは(前回の優勝から)3年半以上空きましたけど、すぐに結果を出すことができて良かったと思います」

 ――ZOZOチャンピオンシップで勝った意味は?
 「日本で開催することは簡単ではなかったと思うんですけど、その中でこうして開催されて、その中で日本人の僕が勝つのは凄い意味があると思うのでうれしいです」

 ――パッティングを変えたところは?
 「いろいろ。パターも替えましたし。握り方もいろいろ試行錯誤しながらやった。いいパットもありましたけど、悪いパットも正直ありました。ただ15番とか大事なところでいいパットが打てて良かった」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月25日のニュース