陵侑 両親の前で逆転優勝、北京五輪へ「そこで勝てたらうれしい」

[ 2021年10月23日 05:30 ]

ノルディックスキー・ジャンプ 全日本選手権第1日 ( 2021年10月22日    札幌・宮の森ジャンプ競技場 )

<ジャンプ全日本選手権>優勝メダルを手にポーズを決める小林陵(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 男子はエース小林陵侑(土屋ホーム)が逆転Vを飾った。1回目92メートルで2位につけると、2回目は97メートルを飛び、合計255・8点で制した。「1本目は力んで攻めすぎたが、2本目は流れに気をつけて飛んだ。久々の国内試合で両親も見に来ていたので勝ててうれしい」と声を弾ませた。

 北京五輪でメダル候補の男子のエースは「今季一番大きな試合。そこで勝てたらうれしい。エースなりのプレッシャーはあると思うが、結果はおのずと付いてくる」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月23日のニュース