米女性スポーツ財団が大坂表彰 社会正義やメンタルヘルスの問題提起貢献

[ 2021年10月16日 05:30 ]

大坂なおみ
Photo By スポニチ

 米国女性スポーツ財団は14日、今年の表彰者を発表し、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が社会正義やアスリートのメンタルヘルス面の問題提起に貢献したとして「ウィルマ・ルドルフ・カレッジ賞」を受賞した。

 大坂は「周囲の人々が素晴らしいことをしていたので、自分も声を上げる勇気を持てた」とコメントした。東京五輪で通算7個目の金メダルを獲得した陸上のアリソン・フェリックスやMLB初の女性GMとなったマーリンズのキム・アング氏らも表彰された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月16日のニュース