照ノ富士が三役以上で唯一の3連勝 前傾姿勢で攻め「落ち着いて前に出たので良かった」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

大相撲秋場所3日目 ( 2021年9月14日    両国国技館 )

隆の勝(手前)を攻める照ノ富士。寄り切りで下す=両国国技館
Photo By 共同

 新横綱の照ノ富士は危なげなく3連勝とした。隆の勝の右喉輪をこらえ、前傾姿勢で攻め続ける。最後は右で抱えて力強く寄り切った。

 「落ち着いて前に出たので良かった。慌てることなくやろうと思った」。初日は戸惑いがあったという土俵入りの緊張感も「もう大丈夫」とうなずく。

 期待通りの内容に師匠の伊勢ケ浜審判部長は「気合が入っている。(土俵入りは)ちゃんとやっている。回数とともに良くなっている」と評価した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月15日のニュース