霧馬山が3分16秒7の熱闘制す 「相手も苦しいと考えて、最後まで我慢することができた」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

大相撲秋場所3日目 ( 2021年9月14日    両国国技館 )

 霧馬山が3分16秒7の熱戦を制して3連勝とした。

 小結・高安とは名古屋場所でも3分超えの死闘を繰り広げたが、この日も我慢比べの持久戦。霧馬山は右半身で構えて粘ると、最後は右の差し手を抜くようにして相手を前のめりにさせた。

 「相手も苦しいと考えて、最後まで我慢することができた」。上位総当たりの場所で役力士に3連勝。勢いをつけて新三役昇進を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月15日のニュース