×

14歳・玉井陸斗 8位で寺内健以来21年ぶり決勝進出 同種目初メダル懸け15時からの決勝へ

[ 2021年8月7日 11:34 ]

東京五輪第16日 男子高飛び込み準決勝 ( 2021年8月7日    東京アクアティクスセンター )

決勝進出を決めた玉井陸斗(AP)
Photo By AP

 飛び込み男子高飛び込みの準決勝が行われ、玉井陸斗(14=JSS宝塚)が、413.65点で8位に食い込み、上位12人による決勝に駒を進めた。日本勢男子の決勝進出は、2000年シドニー五輪での寺内健以来21年ぶり。

 玉井は1回目の演技の着水で水しぶきが上がり67・20。18人中12位のスタートとなったが、2、3回目で80点を超える高得点をマーク。3回目の演技を終えた時点で5位に順位を上げた。4、5回目でミスし順位を下げたが、最終の6回目の演技をうまくまとめて決勝進出圏内を守った。決勝は同日午後3時から行われる。

 前日6日の予選では、18位までが勝ち上がる5回目を終えて21位と追い込まれていたが、最後の6回目でしぶきの少ない入水を決めて91・80点。最後の最後に高得点をマークし一気に通過ラインを越えてみせた。5月のW杯より演技構成のレベルを上げ、入水が乱れる場面も多かったが、「決勝進出を目標に臨む」と気持ちを切り替えてこの日の準決勝に臨んでいた。

 ◆玉井 陸斗(たまい・りくと)2006年(平18)9月11日生まれ。兵庫県宝塚市出身の14歳。3歳から通っていたスイミングスクールの隣のプールで開催されていた飛び込み教室を体験したことがきっかけで、小学1年から競技を始める。シニアデビュー戦の19年日本室内選手権で優勝も、年齢制限で世界選手権代表になれず。19、20年と高飛び込みで日本選手権連覇を果たした。1メートル55、51キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月7日のニュース