×

馬術障害飛越団体予選 ブルース・スプリングスティーンの娘ジェシカ擁する米国 5位で決勝へ

[ 2021年8月7日 05:30 ]

東京五輪第15日 馬術 ( 2021年8月6日    馬事公苑 )

馬術の障害飛越団体予選に出場したジェシカ・スプリングスティーンと愛馬のドン・フアン・バン・デ・ドンケーブ号(ロイター)

 障害飛越団体予選は「ロックの殿堂」入りを果たした歌手ブルース・スプリングスティーンの娘で、米国代表のジェシカ・スプリングスティーンが決勝に進出した。

 愛馬とともに刀などの日本風の“障害”をクリアして走りきると、米国は5位。3日の個人予選は31位で敗退し、「残りの試合を楽しみにしている」と話していたが、7日の決勝でメダルを狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月7日のニュース