瀬戸大也「悔しい思いした」200Mバタフライは「気持ち切り替えて」予選突破

[ 2021年7月26日 19:55 ]

東京五輪第4日 競泳男子 ( 2021年7月26日    東京アクアティクスセンター )

男子200メートルバタフライ予選に出場した瀬戸大也(AP)
Photo By AP

 競泳日本代表の瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)が26日の男子200メートルバタフライ予選に出場し、1分55秒26の全体9位で、明日27日の準決勝に進出した。

 24日夜の男子400メートル個人メドレーは決勝進出ライン8位と0秒32差の9位でまさかの予選落ち。トップで300メートルをターンし、最後の自由形で力を抜いて体力を温存。翌朝の決勝を見据えた策が裏目に出て「最後の自由形で読み間違えた。ちょっと信じられない。もう1回泳ぎたい」とぼう然。汚名返上を誓った200メートルバタフライで、まずは“第1関門”を突破した。

 瀬戸はレース後「初日は作戦ミスで不甲斐ない結果で終わってしまったので、この200メートルバタフライから気持ちをしっかり切り替えて、一歩一歩レースを進めていけたらと思っていた」とコメント。

 「(ラップタイムは)分かっていないが、今日の泳ぎの感覚とラップタイムを比較して準決、決勝とタイムを上げていきたい」と振り返り、今後のレースに向けて「初日、自分自身も悔しい思いをしたので、泣いても笑っても自分の五輪の種目は数日で終わってしまうので、しっかりと一歩一歩駒を進めて決勝でしっかりと戦えられたらと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月26日のニュース