錦織2大会連続メダルへ好スタート 世界7位・ルブレフをストレートで撃破

[ 2021年7月26日 05:30 ]

東京五輪第3日・テニス 男子シングルス1回戦   錦織 6-3、6-4 ルブレフ ( 2021年7月25日    有明テニスの森 )

男子シングルス1回戦で勝利した錦織圭(AP)
Photo By AP

 テニス・男子シングルスの錦織圭(31=日清食品)が、16年リオに続く五輪2大会連続の表彰台へ好スタートを切った。1回戦で世界ランク7位で第5シードのアンドレイ・ルブレフ(23=ROC)をストレートで撃破。「トップ10に勝てたのも収穫だけど、これだけのプレーができたのはうれしい」と振り返った。

 選手村での共同生活は「楽ではない」と苦笑いを浮かべるが、五輪ならではの楽しみもある。「違うスポーツの選手の活躍を見ると刺激になるし、エネルギーをもらえる」。錦織もまた、他競技のアスリートの活力になるようなプレーを目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月26日のニュース