五輪開会式 出席者は950人見込み、うち海外から800人 さらに減る可能性も

[ 2021年7月22日 05:30 ]

国立競技場

 東京五輪開会式(23日、国立競技場)に出席する大会関係者は約950人の見込みと、大会組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンが21日、明かした。約800人が海外からの関係者で、国際オリンピック委員会(IOC)委員や各国要人、国際競技団体、各国・地域オリンピック委員会(NOC)、最高位スポンサーの代表ら約800人。国内からは政府、東京都、組織委の関係者、スポンサーら約150人が参加するが、今後さらに減る可能性がある。

 当初は観客1万人とは別に関係者1万人の参加が予定されていたが、開会式も無観客になったことを受けて関係者数の大幅削減が進められていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース