チェコのビーチバレー選手陽性 聖子会長は苦悩「プレーブックが安心につながっていない」

[ 2021年7月21日 05:30 ]

記者会見する大会組織委の橋本聖子会長(共同)
Photo By 共同

 国際オリンピック委員会(IOC)総会が都内で2日間の日程で始まり、バッハ会長は「舞台は整った。何十億という人が視聴して日本国民を称賛するだろう」と東京五輪の準備状況を評価した。

 一方、組織委員会は大会関連で新たに9人が陽性となり、1人は選手村滞在中のチェコのビーチバレーボール選手と公表。入村選手の陽性者は3人目となった。

 橋本聖子会長は開幕直前で開催支持率が下がったと指摘され「安全であるはずの(コロナ対策の)プレーブックが安心につながっていない現状が不安を抱かせている」と苦悩の表情を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月21日のニュース