ラグビー元日本代表・山田 米MLRデビュー、悔しい1点差逆転負けも充実感

[ 2021年6月8日 05:30 ]

米MLRでのデビュー戦を終え、オンラインで取材に応じた山田章仁。右手に持つのは所属するシアトルのマスコット、ラッキー
Photo By スポニチ

 ラグビーの米メジャーリーグラグビー(MLR)シアトルに派遣されている元日本代表のWTB山田章仁(NTTコム)が6日、シアトルで行われたユタ戦に15番で移籍初出場初先発を果たした。

 試合は後半ロスタイムに逆転を許し、28―29で敗戦。「いい雰囲気の中でラグビーができたのは幸運」と充実感をにじませた。同世代の五郎丸歩が引退する中で活躍の幅を広げる35歳は、「グローバルに活躍したい」と目を輝かせていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月8日のニュース