レスリング男子グレコ五輪代表・文田 国際大会へ意気込み、怖さ見せる

[ 2021年6月8日 05:30 ]

オンライン取材で意気込みを語るレスリング男子のグレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表の文田
Photo By 共同

 レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表で19年世界王者の文田健一郎(25=ミキハウス)がオンライン取材に応じ、8日開幕のポーランドでの国際大会に向け「もう一度、文田は怖いぞと世界の選手に見せられたら」と意気込んだ。

 国際大会は昨年2月以来で、五輪前最後の実戦となる。コロナ下での遠征にも「リスクと比べてもここで大会に出ておきたかった」と明かし、「つくり上げたことがどれだけ通用するのか楽しみ」と見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月8日のニュース