×

バレー協会、日本代表へのワクチン接種は「詳細については存じていない」

[ 2021年5月27日 19:09 ]

国立競技場と五輪マーク
Photo By スポニチ

 日本バレーボール協会は27日、定例理事会を開催した。理事会後には鍛冶良則事務局長がリモート取材に応じ、男女日本代表の新型コロナウイルスワクチン接種について現状を説明した。

 日本代表は男女ともに、イタリア・リミニで行われているネーションズリーグ(VNL)に参加中で、大会終了は6月下旬。鍛冶良事務局長は「第1回目のワクチン接種のタイミングには間に合っていないということで、接種しないで(イタリアに)向かった」とし、「JOC(日本オリンピック委員会)の方から、ワクチンに関するアンケートを実施したとも聞いている。ハイパフォーマンス事業本部の方で、帰国後はどうするかについて鋭意、JOCと調整している」と話した。

 そのうえで「基本的には、本人の意向を尊重する中でワクチンの接種はしていきたいと検討しているが、具体的な詳細については存じていない」とした。

 VNLは女子が25日に1次リーグが開幕し、男子は28日が初戦。上位4チームに入れば決勝大会に進み、女子は6月25日、男子は同27日まで戦うことになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月27日のニュース